The Beatlesが再結成します

2008/4/1 火曜日

かねてから噂のあったThe Beatlesの再結成ツアーがいよいよ実現する。

4月1日、Paul McCartneyとRingo Starrが解散40周年を記念したワールド・ツアーを2010年から実施することを、共同声明としてプレスに発表した。

Beatlesのメンバーのうち、John Lennonは1980年に射殺され、George Harrisonは2001年に肺がんと脳腫瘍で亡くなっている。にもかかわらず4人の再結成を可能にしたのは、The Beatlesが設立したApple Electronics社のMagic Alex氏が開発した"ニッケル・オデオン(Nickel Odeon)"という最先端技術だった。
“ニッケル・オデオン"とは「現存する音声と映像を利用して、実在しないものを立体化、具現化させる」という技術だ。

この技術はJohnとGeorgeの現存する全ての映像をデジタル化、データベース化し。それを利用することによってステージ上に2人の演奏風景の全てを3次元化して「投影再生」する、というもの。ステージ上にあたかも本人がいるかのようなバーチャル・リアリティが実現し、PaulやRingoと共演することになる。

さらに"ニッケル・オデオン"は映像で現存していない2人の動作に関しても予測、再現する。
たとえば、「ジャンプするJohn Lenon」という映像が現存しなくても「飛び降りるJohn Lenon」の映像さえ現存していれば、そこから人間工学に基づいて全ての動作を予測し、補完した映像を作り出す。

さらに、音声に関しても画期的な処理がほどこされる。
今回のツアーに際して、JohnとGeorgeの演奏はAbby Roadスタジオに現存する2~4トラックのマスターテープなど膨大なマテリアルが利用されることは間違いないが、これにプラスして、生前のインタビューなどで彼らが発した「すべての単語」がデータベース化され、バーチャル・リアリティなJohnとGeorgeに、ありとあらゆる言葉を話させることが可能となる。

たとえば、「My Name Is John」という言葉をJohn自体が残していないとしても、それぞれの単語の音声が現存していれば、同一年齢時の声へと補正し、ひとつながりの言葉として再現できるのだという。そして過去の発言からシミュレートされたJohnとGeorgeのAI(人口知能)が、リアルなPaulやRingoとナイスなやりとりをしてくれる。我々は今回のツアーで、Johnの愛と平和に関する最新のメッセージやGeorgeの語る哲学的なメッセージを受け取ることになるかもしれない。

さらに"ニッケル・オデオン"はこれらの言葉にメロディーをつける技術も備えている、新曲をJohnやGeorgeに歌わせることまで可能なのだ。なお、Apple Electronics社ではJohnやGeorgeの作曲パターンを分析し、新たに2人に「作曲させてしまう」というプログラムを開発中とのことだが、今回のツアーには間に合わないようだ。Paul MaCartneyが「このツアーのために準備した」10曲ほどの新曲の中から、新たなBeatlesの新曲が発表されるかもしれない。

さて、このツアー、離婚によって47億円という慰謝料を支払う目にあったPaul MaCartneyの「集金ツアー」と揶揄するマスコミもいるのだが.....Paulはこのように語る。

「僕達は最先端のテクノロジーを切り開くことで、新しい音楽のありかたを提示してきたんだ。今度の再結成によって"ニッケル・オデオン"の技術が世に知られることは、大変意義のあることだと思うよ。だってみんなはBrian JonesのいるThe Rolling Stonesや、Keith MoonのいるThe Who、そしてJimi Hendrixの最新のステージを見たいと思わないかい?」

記念すべき再結成Beatlesのツアーは、2010年4月10日の解散記念日に、彼らの故郷であるLiverpoolのライブハウス"Carvern Club"を皮切りに始まる。日本への44年ぶりの来日の可能性もあり、現在日本の主要なエージェントが動き出しているとのこと.............

「なんてことに、ならないかな?」と、
杉田家でラーメンを食べながら考えてみた。
(April Foolに便乗してみましたが何か)

音楽のツボ

Posted by spiduction66