ムッシュかまやつのVOXアンプが....

2011/6/5 日曜日

たしかTwitterだったと思いましたが「ムッシュかまやつがヴィンテージアンプをオークションに出品」という情報があったんです。

みたらヤフオクじゃなくて、よく知らないオークションサイトでした。「LOVE FOR NIPPON」という震災救援プロジェクトのチャリティオークションでした。出品されていたのはVOXのアンプでAC30というもの。そんなに値段も競いあってないようでした。

ヘヴィなムッシュのファン(別に追っかけをやっているわけではない)としては、こう考えました。
「ムッシュ愛用のアンプなら欲しい!教室に一台あれば使うこともあるだろう」。
そして自分で思っている上限金額を入れたんです。いわゆる自動入札というやつですね。
AC30の中古の相場を見て「こんなもんだろう」というところよりもちょっと安い値段を入れておいたんです。
いま教室にはミューズポート発足記念に購入したRolandのBA330が一台(もう一台はリュウちゃんの)、僕が高校生の時に買ったFernandesのヴィンテージモデルが1台あるんですが、こういうごっついギターアンプも1台あってもいいかな?とは思っていたんです。

でも「ムッシュのアンプなんだから、きっとプレミアがついて15万とか20万とかになってしまうんじゃないか」と考えていたし、ダメならダメで諦めるつもりだったんです。

そしたら落札しちゃったんですよ。
ムッシュごめんさい。

何しろ落札できるとは思っていなかったので、改めて使い道を相談しようと思い、ギタリストの大塚さんリュウちゃんに相談してみたんです。
大塚さん曰く「AC30ならば名機ですよ。ブライアン・メイも使っていました。でも、なかなか扱いづらいアンプではありますよ。今度ぜひ鳴らさせてください」。
リュウちゃん曰く「それ僕も持ってます。昔Blue Jayで使っていました。ただしアコーステイックには合いません。ムネさんの好きな60’Sロックの音なら合うのではないでしょうか」


型番はAC30/6TB。1964年モデルを忠実に再現したリイシュー・モデルのようだ。
このあたりの情報については今度ニャンコ先生にも聞いてみようっと。

ところが、これがムッシュのアンプであることを証明する「証明書」のようなものが何もついていないのです。
「普通はついているんじゃないの?」と思うのだけど、ご本人にお会いした時にでも確認してみるしかありません。

状況証拠はあります。

ケースには養生テープにうっすらと「ムッシュかまやつ」と書いてあるのです。


「ウォッカ」っていうのは、1996年に再結成したウォッカ・コリンズ(アラン・メリル、かまやつひろし、大口広司、ルイズルイス加部)の略。この1年の間に2枚のアルバムと1枚の編集アルバムをリリースしています。

「CALLAS」っていうのは、ムッシュが「女の子だけのバックバンドを結成して、ツアーの先々で女の子たちと打ち上げできたら楽しいだろうな」という理由で結成したバンド。1995年に7曲入りのミニアルバムをリリースしています。

んでもってこの「新室行き」というのだけがわかりませんでした。
ご年配の方が使う「新しい部屋」という意味ならば個人的に使っていたような気もしないではありません(笑)。

到着直後に(あんまり大きな音は出せないけど)ロビーで僕のSAを鳴らしてみました。
真空管アンプ特有の卵の殻を叩くような響きをもったあたたかみのある音がしました。
僕は鍵盤弾きなわけだからKORGのSV-1とかもつないでみたいという妄想に駆られました。

さてさて、そんなVOXのアンプ。格調高い60’sな外観だけでも惚れ惚れします。
僕にとってはムッシュが使っていたというだけでも(もうそういうことになっている)涙ものなのです。

教室事件簿

Posted by spiduction66